乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

脂をとりすぎる洗顔料

どうして乾燥肌になるのでしょう?10代後半だったり、20代前半だったりで、「お肌の曲がり角」もまだ先のことなのに…。そもそも洗顔とは「余分な皮脂を洗い流す」ことです。ホコリや汗などで汚れた皮脂を取り除くことが「洗顔」ですね。そうすることで顔がさっぱりします。適度に皮脂を洗い流していたのです。

 

昔は「石けん」がその役目を担っていました。現代では、洗顔フォームと呼ばれるものがそうですね。肌質によっていろんな種類のものが出回っています。ところが、その洗顔フォームが「乾燥肌」の一因だったりするのです。なぜかと言うと、洗顔フォームには、洗浄用成分として「合成界面活性剤」が使われています。これが石けんよりはるかに強力な洗浄剤で、肌の脂分を根こそぎ洗い流してしまうのです。皮脂をとりすぎるのです。残すべき皮脂も見事に奪い去り、肌に残るのはわずかな水分だけです。それもやがて蒸発していき、「乾燥」がやってくるのです。

 

一時的に皮脂を奪われても、若くて元気な肌なら再び皮脂を出して潤います。しかし、何年も洗顔フォームを使い続けて肌の底力が失われると、もう自力で潤うことはできません。痛いくらいに肌が乾燥して、初めて皮脂を出す肌の機能が壊れてしまったことに気がつくのです。こうなるともう、石けんも使えません。

 

洗顔フォームなどの世間で出回っている洗顔料は「洗剤」と同じものが使われていて、化粧品としての分量の制限はあるものの、本来、肌に使っていい物ではないのです。そのことに気づかずに「洗顔用」と銘打ったものだから信じて使い続けてしまう……。その代償は、とんでもなく大きなものになってしまいます。

脂をとりすぎる洗顔料関連ページ

皮脂が皮膚を守る
皮脂が皮膚を守るお話ことについて解説しています。
皮膚にはバリアがある
皮膚にはバリアがあるお話について解説しています。
何で乾燥肌になっちゃうの?
どうして乾燥肌になるのか、について解説しています。
肌が乾燥するのは「仕方ない」と思っていた
肌が乾燥するのが不思議に思っていた筆者のエピソードについて語っています。
原因はこんなとこにあった!?
良いと思って使っていた化粧品が実は「肌に悪い」と知ったエピソードについて語っています。
10代から乳液を使っていると…
10代から乳液を使っているリスクについて解説しています。
本来、10代や20代で乾燥肌にはならない
本来、10代や20代で乾燥肌にはならないことについて解説しています。