乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

本来、10代や20代で乾燥肌にはならない

10代は衰えなど知らないまだ成長途中の肌です。たとえ成長は止まっていたとしても、20代でも老いの気配は微塵もありません。山の頂からはまだ下りてもいないのです。本来ならば、そんな10代、20代の皮脂の潤沢な年齢であるはずの肌が乾燥するわけがないのです。

 

30代でも、健康な肌の人なら乾燥することはまずありません。生活習慣や食べ物が偏っていない限りは…。それなのに、現代の10代20代の女の人には乾燥肌の人がたくさんいます。その原因が何かと問われたら、合成界面活性剤しかありません。洗顔フォームと名を変えた洗剤の原料が、まだ若い肌を痛めつけているのです。

 

中学生くらいから洗顔フォームで顔を洗い、乳液をつけて、高校生くらいになると早い子は化粧を覚えます。そして当然のごとく、クレンジングオイルなどの強力な合成界面活性剤でメイクを落とし、乳液をつけて安心します。乳液にはたっぷりの合成界面活性剤が乳化のために使われ、余剰分が肌に残り、角質層の中で皮脂を溶かします。そんな危険な化粧品を使い続けたら、いくら10代の若い肌でも悲鳴を上げ、いずれは耐えきれなくなってしまうのです。

 

肌が強ければ、数年から10年ほどは何とか見た目はもちますが、30歳を過ぎると、はっきりと一目で分かるほどに肌が衰えてしまいます。メイクでは肌の老化は隠せないのです。しかもそれは乾燥だけではなく、衰えた肌の結果としてシミもシワも出てくるのですよ。

 

若いうちは基礎化粧品での手入れは必要ありません。石けんで顔を洗って酸性化粧水で肌を引き締めるだけで十分なのです。メイクをするにしても20代になってからです。もちろんその時は安全なメイク用品を使いましょう。そうすれば、10代20代の早いうちから乾燥肌に悩まされることはありませんよ(^^)

本来、10代や20代で乾燥肌にはならない関連ページ

皮脂が皮膚を守る
皮脂が皮膚を守るお話ことについて解説しています。
皮膚にはバリアがある
皮膚にはバリアがあるお話について解説しています。
何で乾燥肌になっちゃうの?
どうして乾燥肌になるのか、について解説しています。
肌が乾燥するのは「仕方ない」と思っていた
肌が乾燥するのが不思議に思っていた筆者のエピソードについて語っています。
原因はこんなとこにあった!?
良いと思って使っていた化粧品が実は「肌に悪い」と知ったエピソードについて語っています。
脂をとりすぎる洗顔料
脂をとりすぎる洗顔料とその代償について解説しています。
10代から乳液を使っていると…
10代から乳液を使っているリスクについて解説しています。