乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

ひどい乾燥肌は洗うのは禁止

間違った化粧品を使い続けた結果、顔を洗うのさえ痛いほどの乾燥肌になってしまっっていませんか?そうなったら、とにかく何もしないことです。メイクは当然ですが、洗顔や化粧水などもつけてはいけません。そこまでひどくなると肌はかなり弱っているので、ほんのささいな刺激にもかぶれて炎症を起こします。

 

乾燥するということは、大事な「皮脂」が出なくなっている、ということです。皮脂が出ないということは、皮膚を守るための「保護」がない、ということです。保護がなくなれば、ホコリや空気の乾燥や病原菌から肌を守れなくなるということにもなるのです。

 

そして、そうなった肌は非常に疲れています。肌の生理を無視して皮脂を奪い、脂の補充もせず、保護するどころか肌を痛めつける化粧品に毎日さらされ続けたことで悲鳴を上げているのです。辛いと思いますが、いい機会だと考えて肌を休ませてください。そして、顔を洗うのはぬるま湯だけでしてください。石けんも洗顔フォームも使わないで、ぬるま湯で何度か顔を洗い流すだけにして、その後は蒸しタオルを当てて顔を温め、水分を拭き取ります。

 

2週間くらいはこの洗顔のやり方で過ごして、自然に皮脂が分泌されるのをお待ちください。その後、肌のひきつれやかゆみを感じなければ、石けんではなく、洗い粉やウグイスのフンなどの洗顔に切り替えます。石けんよりも肌にやさしいため、出てきた皮脂を取りすぎません。現在はインターネットやホームセンターなどで簡単に手に入るはずです。はるか昔の人はこれで洗顔していたそうですよ(^^)

 

洗い粉などに切り替えたら、同時に化粧水も使い始めます。弱酸性化粧水をつけて弱くなった角質層の強化をしてください(^^) 緑茶の濃いだし汁で弱酸性化粧水を手作りできますので、作り方は別記事で改めて説明いたしますね♪

ひどい乾燥肌は洗うのは禁止関連ページ

皮脂を流さないようにする
皮脂を洗い流さないことが重要であることについて解説しています。
緑茶の出がらしで化粧水♪
緑茶の出がらしで化粧水を作るメリットと作り方を解説しています。
皮脂を出すビタミンB1とB2
乾燥を防ぐためにビタミンB1とB2を摂ることのメリットについて解説しています。