乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

水分の蒸発を防ぐのは「脂」

私たちは、肌の乾燥を感じると「水分を補給しなきゃ」と思ってしまいます。脂を塗って水分の蒸発を防ごう、とは考えず、水分を補給すればそれで肌は大丈夫だと思ってしまうのです。どんなにビショビショに化粧水をつけても、たっぷりと化粧水を含んだシートでパックをしても、数時間でバリバリの乾燥を感じるのに、それでも「どうしてだろう?」と疑問にも思わない。それが肌にとって当たり前だと思っているのです。正しい手入れの仕方なのだと信じて、何も知らないままに、ただ毎日くり返し、お金を注ぎ込むのです。

 

何を隠そう、かつての私がそうでした。もともと乾燥肌ではないのに、本当に苦痛なくらいに肌が乾燥していたのです。でも、それが化粧品のせいだとは思いもよらず、せっせと化粧水をつけて水分を補給していました……。そんな私ですが、現在では長時間、どんなに冷暖房の効いた場所にいても、まるで肌の乾燥を感じなくなりました(^^) 逆に喉や鼻の乾燥を感じて辛いくらいなのに、肌はへっちゃらです♪

 

私がそんな肌に戻れたのは、今までお話ししてきた「安全な化粧品」を使い続けた結果です。乾燥を感じたら化粧水で保湿するのではなく、皮脂に近い成分でできたクリームを塗り、脂の膜を作るのです。そうすることで角質層の水分の蒸発を防ぎます。

 

化粧水をどれだけたくさんつけても、時間が経てばそれも蒸発してしまいます。皮膚をビショビショに濡らしても乾燥は防げず、水びたしになって角質層が弱るだけなのですよ。肌の生理と、現代の化粧品は真っ向からぶつかり合っているのです。人間の皮膚から出る皮脂は「脂」ですよ(^^)

水分の蒸発を防ぐのは「脂」関連ページ

皮脂は天然のクリーム
皮脂は皮膚を守ってくれる天然のクリームであることについて解説しています。
肌は酸性に
「肌は酸性に」ということわざの意味について解説しています。
脂を取るとなぜ気持ちいいのか?
脂を取るとなぜ気持ちいいのか?について解説しています。
水を弾く肌
水を弾く肌について解説しています。
基礎化粧品やメイクの役割
基礎化粧品やメイクの役割について解説しています。
廃用性萎縮
「廃用性萎縮」について解説しています。
基礎化粧品のクリームの歴史(1)
基礎化粧品のクリームの歴史について解説しています。
基礎化粧品のクリームの歴史(2)
基礎化粧品のクリームの歴史について解説しています。
基礎化粧品のクリームの歴史(3)
基礎化粧品のクリームの歴史について解説しています。
クリームの種類と使い分け
人の肌に必要な皮脂の代用品であるクリームの種類とその使い分けについて解説しています。