乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

クレンジングオイルの正体

何も知らずに使っていた洗顔料やクレンジングオイル。メイクを落とす時、クレンジングオイルに水が混じると「真っ白」に変化しました。その一瞬にして白濁する変化の仕方に、当時の私は「魔法みたい」だと感動さえしていたのです。

 

どうしてそうなるのか考えもせずに、知らなかった頃の私は、「化粧品とはそういうもの」だと思って疑いもしませんでした。クレンジング「オイル」ですよ。その中身は「油」のはずです。それがどうして一瞬で水と混じるのですか?バシャバシャと何回か顔に水をかけたくらいで、なぜメイクもクレンジングオイルも綺麗に落ちるのでしょう?しかも、油で落とした後のはずの肌はどうしてたった1回、洗顔フォームで洗顔しただけでスッキリサッパリするのでしょうか?全くベタつきもしないのはなぜなのでしょう……。

 

それは、洗顔料やクレンジングオイルの中身が「洗剤と同じ成分」だからです。「合成界面活性剤」というもので、食器洗いや掃除などに使う洗剤と同じ原料が化粧品にも使われているのです。だから簡単に、手間なく一瞬でメイクを落とせるのです。肌につけた瞬間、落ちにくいはずのファンデーションもアイラインもマスカラも、なぜか浮き上がる。クレンジングオイルに合成界面活性剤が混じっているから……。

 

合成界面活性剤は、「石けん」と比べると恐ろしいほどの洗浄力があります。フライパンについた油さえも一瞬で綺麗にするほどですよ。そんなものの入った洗顔料を肌に使ったら、どうなるか……お分かりですか?

 

一度だけじゃない、いわゆる「ダブル洗顔」で肌は二度も強力な合成界面活性剤にさらされます。それが皮膚に残すべき皮脂も奪い取り、あとに残るのは干からびた大地だけです。膜を作ってくれる「肌の脂」さえも洗い流してしまう。だから、痛いほど肌が乾燥するのです。世間に出回っている洗顔料やクレンジングオイルは、ほとんどがそういった「肌に良くない化粧品」なのです。

クレンジングオイルの正体関連ページ

乳液のこと
乳液が肌にとって良くないことについて解説しています。
保湿化粧品の中身は
保湿化粧品について解説しています。
コールドクリームという名のクレンジングクリーム
肌に危険なコールドクリームもある事実について解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(1)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(2)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
洗顔は純石けんで
洗顔は純石けんを使うことのすすめについて解説しています。
バリアゾーンはこうして壊れていく
バリアゾーンが壊れていく原因や過程について解説しています。
化粧品が肌に与える害
化粧品が肌に与える害について解説しています。
シミができる仕組み
シミができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
シワができるのは
シワができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
皮膚に浸透させない
皮膚のバリアゾーンを壊すデメリットについて解説しています。
皮膚からは吸収しない
肌は栄養を吸収できないことについて解説しています。
肌に合う、合わないということ
化粧品が「肌に合う・合わない」ことの本当の意味について解説しています。
日焼け止めは安全か?
世にあふれるUVカット化粧品の安全性について解説しています。
肌に良いものは手間がかかる
「肌に良いものは手間がかかる」、その意味と、肌に安全な正しい洗顔方法を解説しています。
剥離性パックというものがある
剥離性パックについて解説しています。
あぶない化粧品の見分け方
あぶない化粧品の見分け方について解説しています。
化粧品選びのポイント(1)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
化粧品選びのポイント(2)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
肌にも慣らし運転が必要なのです
肌にも慣らし運転が必要なことについて解説しています。