乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

コールドクリームという名のクレンジングクリーム

肌に安全なコールドクリームがあります。しかし、肌に危険なコールドクリームもあるのです。「コールドクリーム」と名がついているからといって、それが安全なコールドクリームとは限らないのが恐いところですが。古代ギリシャで生まれたコールドクリームは、戦後にはドイツで開発された合成界面活性剤を入れられました。

 

安全なはずのコールドクリームは、合成界面活性剤を入れられて恐ろしいほどに洗浄力を高められ、手間のかからないメイク落としとして、「クレンジングクリーム」という名で売り出されたのです。これを使うと、昔のように油で脂を溶かさず、布で拭き取る手間もなく、普通に石けんで顔を洗うようにして水でメイクを洗い流せるのです。

 

当然のこと、肌に良いものではありません。それどころか、洗顔フォームやクレンジングオイルと並んで、口を酸っぱくして何度も言っている、「皮脂を奪う合成界面活性剤入りの使っちゃだめな化粧品」の代表選手です。

 

当時はあまり合成界面活性剤の毒性は知られておらず、普通にメイク落としとして使われていたようです。しかし、一部の研究者が合成界面活性剤の毒性を訴えていたため、やがて、消費者もその声を聞いて疑うようになりました。メーカーは世間の声を聞いたのか、いつしか「クレンジングクリーム」の名を使わなくなりました。

 

でも、だからと言って、クレンジングクリームの中身を安全なものにしたわけじゃないのが、化粧品メーカーのしたたかなところでしょうか。昔からある、安全なメイク落としの「洗顔用コールドクリーム」と同じ名称に変えていただけで、中身は「クレンジングクリーム」の名の時と全く変わらないままだったのです……。

 

ですから、「コールドクリームだから安全だ」とうっかり飛びついて買ってしまわないよう、気をつけてください。買う前に、買おうと思う前に、安全なコールドクリームがどんな成分から作られているか、を知ってからでも遅くはありません。

コールドクリームという名のクレンジングクリーム関連ページ

クレンジングオイルの正体
クレンジングオイルの正体について解説しています。
乳液のこと
乳液が肌にとって良くないことについて解説しています。
保湿化粧品の中身は
保湿化粧品について解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(1)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(2)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
洗顔は純石けんで
洗顔は純石けんを使うことのすすめについて解説しています。
バリアゾーンはこうして壊れていく
バリアゾーンが壊れていく原因や過程について解説しています。
化粧品が肌に与える害
化粧品が肌に与える害について解説しています。
シミができる仕組み
シミができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
シワができるのは
シワができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
皮膚に浸透させない
皮膚のバリアゾーンを壊すデメリットについて解説しています。
皮膚からは吸収しない
肌は栄養を吸収できないことについて解説しています。
肌に合う、合わないということ
化粧品が「肌に合う・合わない」ことの本当の意味について解説しています。
日焼け止めは安全か?
世にあふれるUVカット化粧品の安全性について解説しています。
肌に良いものは手間がかかる
「肌に良いものは手間がかかる」、その意味と、肌に安全な正しい洗顔方法を解説しています。
剥離性パックというものがある
剥離性パックについて解説しています。
あぶない化粧品の見分け方
あぶない化粧品の見分け方について解説しています。
化粧品選びのポイント(1)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
化粧品選びのポイント(2)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
肌にも慣らし運転が必要なのです
肌にも慣らし運転が必要なことについて解説しています。