乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

固形石けんだからと安心してはいけない(2)

石けんのお話でもう1つ、アミノ酸系石けんやシャンプー、植物性などと言っている石けんのことです。「アミノ酸系石けん」という石けんは悪いものではないと言われているようですが、しかしそれはアミノ酸から合成した合成界面活性剤を数十パーセント配合した石けんもどきのことです。

 

アミノ酸からも合成界面活性剤は作れるので、合成界面活性剤ではない、という言い分は通りません。アミノ酸系の合成界面活性剤は、合成界面活性剤の中でも洗浄力が弱いものなので比較的安全ではあります。ですが、使わないに越したことはありません。弱いと言っても、やはり合成界面活性剤です。

 

アミノ酸系のシャンプーも同様です。それに現在はいろんなものから合成界面活性剤が作れますので、「脂肪酸石けん」だの「植物性石けん」だの「弱酸性石けん」だのという言葉に惑わされないように気をつけてくださいね。

 

純石けんは「アルカリ性」です。それ以外にはありません。弱酸性や脂肪酸の石けんは化学的に存在できないものなのです。脂肪酸はそもそも石けんを作るための原料であって、石けんが脂肪酸にはなり得ません。

固形石けんだからと安心してはいけない(2)関連ページ

クレンジングオイルの正体
クレンジングオイルの正体について解説しています。
乳液のこと
乳液が肌にとって良くないことについて解説しています。
保湿化粧品の中身は
保湿化粧品について解説しています。
コールドクリームという名のクレンジングクリーム
肌に危険なコールドクリームもある事実について解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(1)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
洗顔は純石けんで
洗顔は純石けんを使うことのすすめについて解説しています。
バリアゾーンはこうして壊れていく
バリアゾーンが壊れていく原因や過程について解説しています。
化粧品が肌に与える害
化粧品が肌に与える害について解説しています。
シミができる仕組み
シミができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
シワができるのは
シワができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
皮膚に浸透させない
皮膚のバリアゾーンを壊すデメリットについて解説しています。
皮膚からは吸収しない
肌は栄養を吸収できないことについて解説しています。
肌に合う、合わないということ
化粧品が「肌に合う・合わない」ことの本当の意味について解説しています。
日焼け止めは安全か?
世にあふれるUVカット化粧品の安全性について解説しています。
肌に良いものは手間がかかる
「肌に良いものは手間がかかる」、その意味と、肌に安全な正しい洗顔方法を解説しています。
剥離性パックというものがある
剥離性パックについて解説しています。
あぶない化粧品の見分け方
あぶない化粧品の見分け方について解説しています。
化粧品選びのポイント(1)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
化粧品選びのポイント(2)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
肌にも慣らし運転が必要なのです
肌にも慣らし運転が必要なことについて解説しています。