乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

化粧品が肌に与える害

ここまでずっと基礎化粧品についてのことばかりお話ししてきましたが、化粧品が肌に与える害はそれだけではありません。肌に安全かそうでないかはメイク用化粧品でも同じです。メイク用化粧品のことは別のカテゴリーで詳しくお話ししますね。ここでは、化粧品が肌に与える害にはどんなものがあるのか、お話ししたいと思います。

 

一口に肌に害と言っても、それには2種類のものがあります。1つ目は、かぶれたり、つっぱったり、かさぶたになったりといったような化粧品の使用後にすぐ現れる、いわゆる炎症です。これらはこじらせない限りはその時だけのものなので、原因になった化粧品の使用をやめれば問題はありません。

 

問題はもう1つの害なのです。合成界面活性剤の入った化粧品をそうとは知らず、これまで何の問題もなく気持ち良く使っていたのに、数年、または10年20年と経ってから一気にシワやシミが出て、肌が荒れたりするケースです。これは合成界面活性剤によって徐々にバリアゾーンの脂が奪われて乾燥し、それをどうにかしようと保湿性化粧水で角質層を水びたしにし続けた結果、角質層が弱くなってしまったために起こる現象なのです。でも、こんな害があることを化粧品の消費者である女性たちは知りません。

 

危機意識を持って知識を得ようと自らが考えない限り、こういうことに気づくことはできないのです。取り返しのつかない肌になってしまう前に気づいてほしいのです。

急性毒と慢性毒がある

 

合成界面活性剤入りの化粧品には「急性毒」と「慢性毒」があります。急性毒というのは、前回もお話しした一過性の炎症を起こすもののことで、これは洗顔フォームやクレンジングオイルの使用で皮脂を流し続けた結果、バリアゾーンが弱くなったり、壊されてしまったために角質層に異物が侵入して起きるのです。ちなみに、ここに「無添加・自然派」をうたう化粧品の巧妙な手口があるのですが、それはまた別の記事でお話しします。

 

すぐ目に見える急性毒よりもはるかに恐いのが、気づかないうちに肌が冒されている「慢性毒」です。慢性毒は、急性毒のような炎症は起こしません。炎症が起こるのは毎日、慢性毒にさらされてバリアゾーンが壊れた時、です。しかし、慢性毒に毎日さらされても、若い人や肌の強い人は(皮脂が多くてバリアゾーンが強い人のこと)すぐには何も起こりません。

 

若い人は皮脂分泌が活発なので、合成界面活性剤にさらされても持ちこたえます。肌の強い人も、その皮脂の多さである程度は持ちこたえられるのです。だからこそ、その丈夫さが仇になって数年、あるいは10年も20年もたってから突然、肌の衰えが顕著になるのです。

 

ですが、10代でいくら若いと言っても、中学生くらいから洗顔フォームや乳液を使い続けていると、10代後半から20代前半で肌が乾燥するようになります。実際、何年も前から、乾燥などするはずのない年代の若い女性たちが肌のひどい乾燥を訴えているそうです。

化粧品が肌に与える害関連ページ

クレンジングオイルの正体
クレンジングオイルの正体について解説しています。
乳液のこと
乳液が肌にとって良くないことについて解説しています。
保湿化粧品の中身は
保湿化粧品について解説しています。
コールドクリームという名のクレンジングクリーム
肌に危険なコールドクリームもある事実について解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(1)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(2)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
洗顔は純石けんで
洗顔は純石けんを使うことのすすめについて解説しています。
バリアゾーンはこうして壊れていく
バリアゾーンが壊れていく原因や過程について解説しています。
シミができる仕組み
シミができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
シワができるのは
シワができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
皮膚に浸透させない
皮膚のバリアゾーンを壊すデメリットについて解説しています。
皮膚からは吸収しない
肌は栄養を吸収できないことについて解説しています。
肌に合う、合わないということ
化粧品が「肌に合う・合わない」ことの本当の意味について解説しています。
日焼け止めは安全か?
世にあふれるUVカット化粧品の安全性について解説しています。
肌に良いものは手間がかかる
「肌に良いものは手間がかかる」、その意味と、肌に安全な正しい洗顔方法を解説しています。
剥離性パックというものがある
剥離性パックについて解説しています。
あぶない化粧品の見分け方
あぶない化粧品の見分け方について解説しています。
化粧品選びのポイント(1)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
化粧品選びのポイント(2)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
肌にも慣らし運転が必要なのです
肌にも慣らし運転が必要なことについて解説しています。