乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

皮膚に浸透させない

化粧品の有効成分がどうして浸透するのか、ご存じですか?本来、肌というものは、何も、水さえも通しません。通すととたんにそれが肌にとっての「異物」になるからです。「異物」とはウイルスや細菌、花粉だけではなく、肌に入れる必要のないすべてのものが異物となります。バリアゾーンは何も通さないためにそこに存在しているのです。

 

バリアゾーンは文字通りバリアで、あらゆる物質を遮断するために日夜、頑張っています。それなのに、そのバリアを壊して私たちに何の得があるのでしょうか。皮脂は奪われて肌は乾燥し、それによって小さな刺激にさえかぶれ、さらにはシミやシワまで出てきてしまう。何も得などなく、あるのは害だけです。

 

皮膚には何も浸透させてはならないのです。浸透させるような化粧品を使ってはいけません。すり込んで入れてもいいのは表面の角質層までです。それ以上、奥に入るようなことを言っている化粧品は、危険な合成界面活性剤入りで、皮膚のバリアゾーンを壊して有効成分を浸透させようとしているのです。

 

合成界面活性剤を使わないとバリアゾーンは破れません。破れないと肌に良いと言う植物エキスだの美白成分だのは入っていかないのです。でも、合成界面活性剤を使うと肌は脂がなくなってボロボロになってしまいます。「肌に浸透させる」とうたっている化粧品を使わないでください。バリアを壊して皮膚の中に入れます、と宣言しているのです。

 

バリアゾーンがあるから、世の女性たちは美しい肌を保っていられるのですよ。メイクも楽しめるのです。何も知らないままにそれを自ら壊して、自らの肌を老い、衰えさせることはないのです。

皮膚に浸透させない関連ページ

クレンジングオイルの正体
クレンジングオイルの正体について解説しています。
乳液のこと
乳液が肌にとって良くないことについて解説しています。
保湿化粧品の中身は
保湿化粧品について解説しています。
コールドクリームという名のクレンジングクリーム
肌に危険なコールドクリームもある事実について解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(1)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(2)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
洗顔は純石けんで
洗顔は純石けんを使うことのすすめについて解説しています。
バリアゾーンはこうして壊れていく
バリアゾーンが壊れていく原因や過程について解説しています。
化粧品が肌に与える害
化粧品が肌に与える害について解説しています。
シミができる仕組み
シミができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
シワができるのは
シワができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
皮膚からは吸収しない
肌は栄養を吸収できないことについて解説しています。
肌に合う、合わないということ
化粧品が「肌に合う・合わない」ことの本当の意味について解説しています。
日焼け止めは安全か?
世にあふれるUVカット化粧品の安全性について解説しています。
肌に良いものは手間がかかる
「肌に良いものは手間がかかる」、その意味と、肌に安全な正しい洗顔方法を解説しています。
剥離性パックというものがある
剥離性パックについて解説しています。
あぶない化粧品の見分け方
あぶない化粧品の見分け方について解説しています。
化粧品選びのポイント(1)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
化粧品選びのポイント(2)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
肌にも慣らし運転が必要なのです
肌にも慣らし運転が必要なことについて解説しています。