乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

皮膚からは吸収しない

化粧品の宣伝文句に踊らされていました。よく考えると、肌は消化・吸収器官ではありません。どちらかと言うと「排泄器官」の方です。汗を出し、皮脂を出し、角質はアカとなってポロポロとはがれ落ちます。他には汗とともに体の中の毒素を出したりもしていますね。そうして考えると、皮膚というのはすべて「出す」一方の器官ということになります。確かに、肌で何かを吸収して身になった、という話は聞いたことがありません。じゃあ、疲れた肌を元気にするためにつける美容液などの存在はどうなるのでしょう?

 

よく聞きますよね。「疲れた肌には栄養を与えて休ませてあげましょう」とか、肌を元気にさせるのはこの○○エキスです、とか、ビタミンCを補給してシミ対策を、コラーゲンの入った化粧品で肌の張りを取り戻しましょう!とか。しかし、なんだかんだと肌に食べさせても、あいにくひとかけらも肌は食べてくれません(^^;)

 

肌は消化も吸収もできないのです。そもそも角質層は爪や髪と同じく、死んだ組織です。栄養などは必要ありません。真皮は生きた組織ですが、肌に栄養ある物をつけても、それを代謝して自分の身になることはないのです。美容液などの、いろんな栄養と称するものの入った物を肌に塗っても、バリアを壊すだけで美しくはなりません。そもそも肌に栄養など与える必要はないのです。植物の葉に美容液を塗っているようなもので無意味なものなのです。肌に栄養を与えるどころか、その行為がかえって肌を痛めつけているのですよ……。

皮膚からは吸収しない関連ページ

クレンジングオイルの正体
クレンジングオイルの正体について解説しています。
乳液のこと
乳液が肌にとって良くないことについて解説しています。
保湿化粧品の中身は
保湿化粧品について解説しています。
コールドクリームという名のクレンジングクリーム
肌に危険なコールドクリームもある事実について解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(1)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(2)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
洗顔は純石けんで
洗顔は純石けんを使うことのすすめについて解説しています。
バリアゾーンはこうして壊れていく
バリアゾーンが壊れていく原因や過程について解説しています。
化粧品が肌に与える害
化粧品が肌に与える害について解説しています。
シミができる仕組み
シミができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
シワができるのは
シワができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
皮膚に浸透させない
皮膚のバリアゾーンを壊すデメリットについて解説しています。
肌に合う、合わないということ
化粧品が「肌に合う・合わない」ことの本当の意味について解説しています。
日焼け止めは安全か?
世にあふれるUVカット化粧品の安全性について解説しています。
肌に良いものは手間がかかる
「肌に良いものは手間がかかる」、その意味と、肌に安全な正しい洗顔方法を解説しています。
剥離性パックというものがある
剥離性パックについて解説しています。
あぶない化粧品の見分け方
あぶない化粧品の見分け方について解説しています。
化粧品選びのポイント(1)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
化粧品選びのポイント(2)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
肌にも慣らし運転が必要なのです
肌にも慣らし運転が必要なことについて解説しています。