乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

剥離性パックというものがある

唐突ですが、パックと言えば何を思い浮かべますか?普通はパックと言うと、ムース状の物を顔に塗りたくって白塗りお化けになったり(笑)、シート状の穴の空いた紙のような物を顔に貼りつけてのっぺらぼうになってしまって、幼い子をビビらせたりしますね(笑)。それが目的ではありませんが(^^;)

 

しかし、普通はパックと言ったらそういうものを思い浮かべますよね。私も以前は同じことをして自分の顔面にビビったものです。でも、それらのパックではせいぜい顔面の「蒸らし効果」しかなく、パックの成分が肌に浸透して綺麗にする、といった効果はありません。何度も言うように、本来、肌には何も浸透しませんからね。

 

タイトルの「剥離性パック」というものは、それらのパックとは全然、作用というか用途の違うものなのです。「剥離」という言葉に注目してください。剥離とは「はがす・はがれる」という意味の言葉ですよね。ところで、「ピーリング」という言葉はご存じですか? 一時期、話題になったように記憶していますが。

 

ピーリングは美容外科で顔の角質を物理的にはがす、ということでしたよね。皮をはいだりはしなかったはずです。で、剥離性パックとは、そのピーリングを安全にしたような肌の古い角質を取り除くパックのことなのです。とっくにご存じでしょうが、ここで少しばかり肌の新陳代謝の説明をしますね(^^)

 

皮膚表面の角質層の角質は大体、1ヶ月くらいで生まれ変わります。肌の中から新しい角質になる細胞がどんどん上がってきて、やがて一番上の古い角質を押し上げ、古い角質はアカとなってはがれ落ち、次の新しい角質が前線に立つのです。鮫の歯の生え替わりのようなそのサイクルを「ターンオーバー」と言い、健康な肌なら28日周期と言われていますね。

 

しかし、この新陳代謝も加齢や睡眠不足や食生活が偏っていたり、ストレスなどにさらされて疲れていたりすると、新しい角質に変わるサイクルが鈍ってきます。回転が遅くなるのですね。そうすると古い角質が肌に残って角質層が厚くなり、結果、肌がくすんできます。そこで「剥離性パック」の登場です。

 

要するに、鈍ってしまった角質の生まれ変わりを人工的にしようというのが「剥離性パック」なのです。ピーリングよりはるかに作用の少ないものを使い、安全に角質をはがします。安全とは言え、バリアゾーンが壊れて肌の弱った人や、もともと肌の弱い人はできません。かさぶたをはがすように角質をはがすのですから、弱い肌だとかえって傷めてしまいます。

 

肌の弱った人は正しいやり方で肌を回復させ、健康になった時に試してみてください。それまでは厳禁です。健康な肌の人でも週に2回くらいまでです。それ以上の回数でやると、逆に肌を傷めてしまうのです。パックの後は酸性化粧水をつけ、皮脂に近いクリームを薄く塗って肌を休めます。

 

皮膚に沈着してしまったタール色素なども取り除かれて、肌のくすみがなくなり、綺麗な肌になりますよ♪健康になった肌でぜひ試して、その喜びを感じてくださいね(^^)

剥離性パックというものがある関連ページ

クレンジングオイルの正体
クレンジングオイルの正体について解説しています。
乳液のこと
乳液が肌にとって良くないことについて解説しています。
保湿化粧品の中身は
保湿化粧品について解説しています。
コールドクリームという名のクレンジングクリーム
肌に危険なコールドクリームもある事実について解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(1)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
固形石けんだからと安心してはいけない(2)
固形石けんだからイコール「安全な純石けん」とは限らないことについて解説しています。
洗顔は純石けんで
洗顔は純石けんを使うことのすすめについて解説しています。
バリアゾーンはこうして壊れていく
バリアゾーンが壊れていく原因や過程について解説しています。
化粧品が肌に与える害
化粧品が肌に与える害について解説しています。
シミができる仕組み
シミができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
シワができるのは
シワができる仕組み・「内因性」と「外因性」について解説しています。
皮膚に浸透させない
皮膚のバリアゾーンを壊すデメリットについて解説しています。
皮膚からは吸収しない
肌は栄養を吸収できないことについて解説しています。
肌に合う、合わないということ
化粧品が「肌に合う・合わない」ことの本当の意味について解説しています。
日焼け止めは安全か?
世にあふれるUVカット化粧品の安全性について解説しています。
肌に良いものは手間がかかる
「肌に良いものは手間がかかる」、その意味と、肌に安全な正しい洗顔方法を解説しています。
あぶない化粧品の見分け方
あぶない化粧品の見分け方について解説しています。
化粧品選びのポイント(1)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
化粧品選びのポイント(2)
化粧品選びのポイントについて解説しています。
肌にも慣らし運転が必要なのです
肌にも慣らし運転が必要なことについて解説しています。