乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

石油系は悪者ではない

ちまたでよく聞く、「鉱物油は使っておりません」という文句がありますね。私も昔、石油から作られた油を化粧品に使っていると初めて聞いた時はものすごく驚きました。「そんなの化粧品に使っていいの!?」と思ったものです。石油と聞くと、どうしてもガソリンや軽油などの燃料を連想してしまうため、肌に良くないと思っていました(^^;) あんなの肌につけちゃダメでしょと考えていたのですが、事実は全く違いました。

 

石油系の鉱物油が問題なのは、そこに含まれるフェノール系の毒性物質が不純物として存在しているからです。しかし、この不純物は濃硫酸をたくさん使って取り除くことができるのです。コストは高くつきますが、そうして不純物を取り除いた鉱物油は、「無色、無臭、無刺激」の「安全な油」になってアレルギーもほとんど起きないそうです。

 

実際、アトピー皮膚炎の治療で実績のある、ある県の皮膚科のお医者さんが、湿疹などによる炎症の後にワセリンを塗って保護するといい、とすすめているそうです。ワセリンはその鉱物油からできています。湿疹などを起こした過敏な肌なのに、炎症の後をワセリンで保護しなさい、と言えるくらいワセリンはそれほど刺激のない鉱物油なのです。

 

鉱物油には他にも利点があります。酸化しにくく、夏と冬でもそれほど粘度が変わらないため、クリームなどの原料として十分価値があるのです。石油系だからと毛嫌いする必要はないということですね(^^) ただし、鉱物油はコストがかかっても不純物をしっかりと取り除いて使うべきものです。

石油系は悪者ではない関連ページ

全成分表示のこと
化粧品の全成分表示が義務付けられたお話について語っています。
合成界面活性剤のこと(1)
合成界面活性剤について解説しています。
合成界面活性剤のこと(2)
合成界面活性剤について解説しています。
薬用化粧品という名の医薬部外品
薬用化粧品という名の医薬部外品について解説しています。
「無添加」はまた別の話
化粧品は無添加である必要はない、そのことについて解説しています。
オイルフリーとは?
オイルフリーという言葉について解説しています。
自然派化粧品とは(1)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
自然派化粧品とは(2)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
美白化粧品というもの
美白化粧品について解説しています。
アンチエイジングはできるのか
アンチエイジング化粧品を使うとシワが消える本当の原因について解説しています。