乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

薬用化粧品という名の医薬部外品

昔にどれほど薬用化粧品があったのかは分かりませんが、2001年4月の全成分表示制度が施行されて以降、薬用化粧品は確実に増えているそうです。どうしてそうなるのかと言うと、メーカーが「都合の悪い事実」を隠すため、です。肌のバリアを壊す合成界面活性剤も2001年以前では表示義務がなかったため、メーカーは何とでも言えたのです。

 

しかし、全成分表示制度が始まってからはそのやり方が通用しなくなりました。すべての成分を表示しなければならず、隠すことができなくなったのです。それに消費者の意識も変わります。全成分が表示されているとなれば、私たち使う側の人間も何が入っているのだろうと少なからず興味を持ちます。

 

ちゃんとした成分辞書で調べれば、それが肌に良いか悪いかが分かります。それがメーカーにはまずいわけです。今まで隠し通せていたのに……隠せなくなる!そうしてメーカーが目をつけたのが薬用化粧品です。

 

薬用化粧品は俗称で、実は「医薬部外品」と同じ意味のものです。医薬部外品とは医薬品よりも効果が穏やかで、副作用の少ないものを指します。そして、薬用化粧品は医薬品のように効能をうたえるのです。それがなぜ増えているのかと言うと、薬用化粧品――つまり「医薬部外品」は全成分表示をしなくていいのです。

 

化粧品ではなく医薬品の分野ですから、効果が穏やかだとは言え、薬の成分など表示しても詳しい人でないと分かりません。だからその分野の中にまぎれ込み、成分表示から免れようということなのでしょう。肌のバリアを壊さないと薬効成分も入りません。合成界面活性剤が使われているのは今まで通りです。しかし何度も言うように、肌には栄養だろうが薬効だろうが入りません。バリアを壊して入れても異物でしかないのです。合成界面活性剤の毒性も一緒に入ってしまいます。肌に良さそうだと惑わされないでください。

 

薬用化粧品は薬効成分をうたって消費者の目をそらせ、今まで通りの合成界面活性剤を使った化粧品を作り続けようとするメーカーの隠れみののようなものではないでしょうか。

薬用化粧品という名の医薬部外品関連ページ

全成分表示のこと
化粧品の全成分表示が義務付けられたお話について語っています。
合成界面活性剤のこと(1)
合成界面活性剤について解説しています。
合成界面活性剤のこと(2)
合成界面活性剤について解説しています。
石油系は悪者ではない
石油系の化粧品は悪者ではないというお話について語っています。
「無添加」はまた別の話
化粧品は無添加である必要はない、そのことについて解説しています。
オイルフリーとは?
オイルフリーという言葉について解説しています。
自然派化粧品とは(1)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
自然派化粧品とは(2)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
美白化粧品というもの
美白化粧品について解説しています。
アンチエイジングはできるのか
アンチエイジング化粧品を使うとシワが消える本当の原因について解説しています。