乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

オイルフリーとは?

「無添加」のお話の続きになります。この前の記事で、防腐剤などの添加物は必要ない化粧品がある、ということをお話ししました。「腐らない物を原料にしている」化粧品があるということです。

 

「化粧品の安全とは何か?」というカテゴリーの中でもお話ししたように、化粧品とは本来、肌を健やかに保ち、綺麗に見せるために使うものです。皮脂の代用として酸性化粧水とクリームで肌を保護するのです。だから、水や油脂や脂肪酸を使って、天然の皮脂に近い組成で化粧品は作られているのです。昔の化粧品はそうでした。

 

しかし、今はそんな化粧品は絶滅危惧種です。一部のメーカーは昔ながらの安全な化粧品を製造していますが、現在、ほとんどの化粧品会社はそうではありません。あちこちに売っている化粧品の裏側にある成分表示を見たら、本当に恐ろしくなります。

 

「オイルフリー」という言葉を聞いたことがありますか?ベタつく油脂系のクリーム類を嫌い、つけてもベタベタしないクリームや乳液を好んで使っていった結果、ある意味で進化してしまった化粧品です。「オイルフリー」とは「油を使っていない」という意味ですよね。じゃあ、何を使っているのか?サランラップの原料にもなる「合成樹脂」類です(厳密に言うとそれだけではありませんが)。

 

クリームや乳液、化粧水の基剤が水とこれらの樹脂類なのです。サランラップが酸化しますか?真夏の日なたに放置しておいたからってサランラップが腐りますか?どうして防腐剤などの添加物を入れずに「無添加」とうたえるのかということが、もうお分かりですよね?

 

サランラップやビニールの原料で作れば、腐りも酸化もしないので、そもそも防腐剤も酸化防止剤も入れる必要はありません。必要ないから、食べ物のように「無添加」と言えるのです。食べ物の無添加と同じに考えていると、何も知らなかったかつての私のように、この落とし穴にはまってしまいますよ……。

オイルフリーとは?関連ページ

全成分表示のこと
化粧品の全成分表示が義務付けられたお話について語っています。
合成界面活性剤のこと(1)
合成界面活性剤について解説しています。
合成界面活性剤のこと(2)
合成界面活性剤について解説しています。
石油系は悪者ではない
石油系の化粧品は悪者ではないというお話について語っています。
薬用化粧品という名の医薬部外品
薬用化粧品という名の医薬部外品について解説しています。
「無添加」はまた別の話
化粧品は無添加である必要はない、そのことについて解説しています。
自然派化粧品とは(1)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
自然派化粧品とは(2)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
美白化粧品というもの
美白化粧品について解説しています。
アンチエイジングはできるのか
アンチエイジング化粧品を使うとシワが消える本当の原因について解説しています。