乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

美白化粧品というもの

美白化粧品も大元では医薬部外品の薬用化粧品と同じような存在のようです。「薬効をうたっている化粧品」ということですね。薬効成分を前面に押し出すことで商品価値を高めて信頼を得て、なおかつ成分を表示せずに済む、ということなのですから。「全部吐いちまえば楽になるぞ」と言いたくなるような姿ですね(笑)。

 

それはともかく、美白化粧品も同様にバリアを壊すものです。要はバリアを壊さないと、薬効もへったくれもないのですよ。でも何度も言ってますが、壊して入れても役立たず、というわけで肌がダメージを受けるだけなのです。美白するには、「原因のメラニン色素を漂白する」か「メラニンを作る酵素の働きを抑える」か「メラノサイトというメラニンを作る細胞を殺す」というこれら3つの方法があります。

 

洗濯の漂白剤でさえ服の布地を傷めるのに、肌に入れた漂白剤が皮膚を傷めないわけがありませんよね。酵素の働きを抑えるには周りを酸性にする必要があるわけですが、そうするには「アスコルビン酸」という別名ビタミンCを入れればいいのですが、これは皮膚に浸透しにくい。合成界面活性剤を使っても浸透しにくいのです。ですから、メーカーによっては「アスコルビン酸」を合成界面活性剤に加工して入れているところもあるそうです。

 

細胞を殺すような物質を肌に入れたら、そこへ行くまでに普通の元気な細胞まで殺されてしまいますね。それによって肌は不健康になり、表皮母細胞も不健康になって力をなくして表皮は衰えてしまいます。美白してシミは消えても、シワや乾燥があなたを待っていますよ……。そうなっても白くしたいですか?

美白化粧品というもの関連ページ

全成分表示のこと
化粧品の全成分表示が義務付けられたお話について語っています。
合成界面活性剤のこと(1)
合成界面活性剤について解説しています。
合成界面活性剤のこと(2)
合成界面活性剤について解説しています。
石油系は悪者ではない
石油系の化粧品は悪者ではないというお話について語っています。
薬用化粧品という名の医薬部外品
薬用化粧品という名の医薬部外品について解説しています。
「無添加」はまた別の話
化粧品は無添加である必要はない、そのことについて解説しています。
オイルフリーとは?
オイルフリーという言葉について解説しています。
自然派化粧品とは(1)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
自然派化粧品とは(2)
「自然派化粧品」は良いものという世間の認識は実は間違っていたというお話について解説しています。
アンチエイジングはできるのか
アンチエイジング化粧品を使うとシワが消える本当の原因について解説しています。