乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

香料を使う理由

香料を使う理由は、油脂など天然の素材を使っていると、時間が経つにつれてどうしても原料が酸化してきてイヤな臭いを放つようになるからです。使う人がそれを感じて不快にならないように、香料を入れて「いい香り」を演出するのです(^^)

 

全成分表示に「香料」とあったら、天然の油脂類を使っていることの証にもなります。合成樹脂などで作った製品は、そもそも臭いなんか発生しませんから。ビニールの臭いはするかもしれませんが(笑)。

 

それに、香料にも防腐剤の作用があるので、いい香りをつけると同時に腐敗を防ぐこともできるのです。一石二鳥な存在ですね。香料も「指定表示成分」として悪役にされていましたが、これに毒性がないのは明らかなことです。弱った肌には何でも「刺激になる」ということなのでしょう。

香料を使う理由関連ページ

全成分表示の読み方
全成分表示の読み方について解説しています。
界面活性剤(1)
洗浄剤や乳化剤である界面活性剤について解説しています。
界面活性剤(2)
危険な合成界面活性剤の成分名をいくつか挙げています。
防腐剤、防かび剤、酸化防止剤
防腐剤、防かび剤、酸化防止剤について解説しています。
タール色素
タール色素の毒性と、見分け方について解説しています。
顔料とは
顔料、レーキ類、保湿剤について解説しています。
シリコン
化粧品に含まれる「シリコン」について解説しています。
紫外線散乱剤のこと
紫外線散乱剤のことについて解説しています。