乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

シリコン

シリコンと合成樹脂と合成ポリマーは、厳密に言うと違うものなのですが、化学的で難しいので説明は省かせていただきます(^^;) とりあえず1つにまとめて「シリコン」と呼ぶことにします。このシリコンはメイク用化粧品にはもちろん、基礎化粧品にも入っています。ファンデーションや自然派化粧品と呼ばれる物の中に大量にです。

 

肌に必要なのは脂なのに、角質層を水でビショビショにして上からビニールを貼りつかせ、皮脂腺から皮脂が出てくるのを邪魔して肌の環境を破壊しているのです。これでは皮膚にいる常在菌が生きていけません。私も知らずにこれらの化粧品を使っていました。でも、安全な化粧品に替えて半年ほどした頃、やたら吹き出物ができるようになって(もともとあまりできないタイプでした)、気になって使っている化粧品のサイトを見てみたら、他にも同じ症状を訴えている人たちがいたようで、使い始めはそうなると書かれていました。

 

無水型コールドクリームで洗顔するようになって、毛穴の奥で固まっていた、今まで使っていた樹脂系のクリームが押し出されて出てきたのだ、ということでした。「好転反応」と言うそうです。実際、やたら吹き出物が出ましたが、数ヶ月から半年ほどでそれは治まり、以後、一切出なくなったのです(^^) この肌の反応で、今まで良かれと思って使っていた化粧品は、本当に「異物」だったのだなあ、と納得しました。

 

さて、成分のことですが、豆知識として分かりやすい見分け方を1つ、挙げておきますね。成分名の最後に、「〜メチコン」・「〜シロキサン」・「〜シリコーン・〜シリコン」と書かれていたら、これらはシリコン類ですので二度と買わないようにしてください。

 

他には「PEG-350」・「PEG-30」・「カルボマーカリウム」・「(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30)コポリマーカリウム」という合成ポリマーもあります。「(アクリル酸〜」とやたら()がありますが、これは()も含めて成分名です。シリコン類も数え切れないほどあるので、辞書と首っ引きになって少しずつ覚えていくしかありませんね(^^;)

シリコン関連ページ

全成分表示の読み方
全成分表示の読み方について解説しています。
界面活性剤(1)
洗浄剤や乳化剤である界面活性剤について解説しています。
界面活性剤(2)
危険な合成界面活性剤の成分名をいくつか挙げています。
防腐剤、防かび剤、酸化防止剤
防腐剤、防かび剤、酸化防止剤について解説しています。
タール色素
タール色素の毒性と、見分け方について解説しています。
顔料とは
顔料、レーキ類、保湿剤について解説しています。
香料を使う理由
香料を使う理由について解説しています。
紫外線散乱剤のこと
紫外線散乱剤のことについて解説しています。