乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

紫外線散乱剤のこと

日焼け止めは安全か?という記事で少しだけ触れましたが、今回は「紫外線散乱剤」のことをお話しします。紫外線散乱剤は「紫外線遮蔽剤」とも言って、「紫外線吸収剤」が文字通り紫外線を吸収するのに対して、散乱剤の方は受けた紫外線を散乱――つまり、反射してはね返すことで紫外線を防ぐ物質なのです。

 

この散乱剤の原料は、ファンデーションの原料でもある顔料を使っているのです。顔料とは、肌を隠すために用いられる色の材料で、酸化亜鉛や酸化鉄などの金属のサビや石の粉末でできているものです。肌には安全なのですが、脂を吸う性質があり、昔の人はよくこれで素肌を荒らしていました。現在ではシリコンで包んでその欠点を解消しているようですが。

 

この成分を使った日焼け止めは安全なのですが、しかし、塗ると肌が白くなってしまうのが欠点なのです。ファンデーションを薄く塗ったようになるわけですね。ちなみに、これで安全な日焼け止めクリームを作ると、皮脂に近い組成で肌に害のない油脂をベースにして作るので、夏に使うにはかなりベタつきを感じます。

 

だから、この安全な日焼け止めクリームを使う時は、日焼け止めを塗った後にたっぷりのパウダーをはたいて表面を固めると、ベタつき感がかなり軽減されます。夏だと汗をかくと元の木阿弥になりますが……(^^;) ちなみに冬に使うと、素肌を空気の乾燥から守るので結構快適です♪これも探せばありますよ(^^)

紫外線散乱剤のこと関連ページ

全成分表示の読み方
全成分表示の読み方について解説しています。
界面活性剤(1)
洗浄剤や乳化剤である界面活性剤について解説しています。
界面活性剤(2)
危険な合成界面活性剤の成分名をいくつか挙げています。
防腐剤、防かび剤、酸化防止剤
防腐剤、防かび剤、酸化防止剤について解説しています。
タール色素
タール色素の毒性と、見分け方について解説しています。
顔料とは
顔料、レーキ類、保湿剤について解説しています。
香料を使う理由
香料を使う理由について解説しています。
シリコン
化粧品に含まれる「シリコン」について解説しています。