乾燥肌対策ナビ 〜肌に安全な化粧品

ファンデーションの話(2)

合成界面活性剤が入っているとは言え、昔はそれでもファンデーションの基剤には脂が使われていました。その中でも固形のパウダーファンデーションは粉状だから、合成界面活性剤などの異物は入っていない、とお思いでしょう。しかし、そうは問屋がおろさないのが化粧品業界です(^^;) 肌は水を弾きます。この脂に覆われた肌に綺麗にしっとりと粉をのせるには、水と脂をしっかりとつかむことのできる合成界面活性剤の力が欠かせないのです。

 

固形パウダーファンデーションに含まれる合成界面活性剤が肌の脂をつかみ、ファンデーションの中の水ともくっつく。こうすることでピッタリと綺麗にファンデーションが肌にくっついて離れないのです。

 

固形のパウダーファンデーションは、クリームタイプのファンデーションを使うよりは比較的安全ではあります。パウダーファンデーションに入っている程度の合成界面活性剤なら、使い方次第でほとんど毒性を受けずに済みますが、しかしそれは正しい下地のやり方をして初めてそう言えるのです。タール系の色素を使わないパウダーファンデーションもあるようですので、一度、探してみてはいかがでしょうか?

ファンデーションの話(2)関連ページ

メイクは脂で落とす
安全なメイク落としのやり方について解説しています。
肌に安全なメイク化粧品(1)
肌に安全なメイク化粧品について解説しています。
肌に安全なメイク化粧品(2)
肌に安全なメイク化粧品について解説しています。
ファンデーションの話(1)
ファンデーションは裏では肌の健康を犠牲にしているお話です。
ファンデーションの話(3)
ファンデーションが肌の健康を犠牲にしている可能性もあるというお話です。
アイメイクにも要注意
アイメイクをする上での注意点について解説しています。アイシャドウ、マスカラ、アイライナーについてそれぞれ書いています。
口紅には脂の多いものを
口紅には脂の多いものを使うことをすすめています。
安全なメイクの仕方
安全なメイクの仕方について解説しています。